先輩社員の声 |アドバンスネット

先輩社員の声

メールでのお問い合わせ

採用情報

日本賃貸住宅管理協会バナー当社は、公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会会員です。

日管協預かり保証金制度加入会社バナー日管協預かり保証金制度加入会社です。

国交省賃貸管理業者登録会社バナー
国交省賃貸管理業者登録会社です。

TOP › 採用情報 › 先輩社員の声

社員が語る「アドバンスネットで働くこと」

動機なぜアドバンスネットに入社しようと思ったのか?
大学で人と動物の共生について学ぶ中で、人が動物のことをきちんと知っていれば防ぐことのできる問題が多くあると感じました。
そこで、ペット共生型賃貸を専門に扱い、入居者と関わりを持つ管理会社であるアドバンスネットなら、ペットに配慮した設備や入居後のアフターケアによって人とペット双方のストレスを軽減し、互いに快適な生活を住空間からアプローチできると考えました。
入社当初はどんなことを感じていたか?入社当初はどんな仕事をしていて、どんなことを感じていたか?
ペットマンスリーと営業の補佐を中心に行いました。
人数の少ない会社ですので、一人一人の役割が大きく、入社当初から部署の垣根を越えて様々な業務に携わることが
できました。
電話で問合せを受けると、大型犬や複数匹を飼育している方は、間取りや賃料などの条件以前に飼育できる物件自体を
探すことに苦労しているという現状を改めて知り、そういった方に当社の物件を気に入ってご入居いただけることが特に
嬉しく思いました。
現在はどんな仕事をしているか?現在はどんな仕事をしているか?
現在はペットマンスリー全般と更新業務を中心とした事務を担当しています。
ペットマンスリーは、海外からの帰国やビジネス・お部屋のリフォームなどによる短期間の滞在を
『ペットと一緒に』と考える方に多くご利用いただいています。
東日本大震災の後はペットと一緒に一時避難をされる方もいらっしゃいました。大抵は1~3ヶ月程度のご利用ですが、
短期間だからこそ、大切な家族の一員であるペットと快適に過ごしていただくことがより重要だと思っています。
更新業務は、賃貸住宅の管理に欠かすことのできない業務ですので、会社の根幹を担っているという意識を持って
臨んでいます。
仕事でツライことはどんなことか?仕事でツライことはどんなことか?
ペット共生型だからといって何でもOKではなく、共生型だからこそ一定のレベルが保たれなくてはいけません。
様々な要因から総合的に判断してご入居が難しいという結果になった時は、お力になれないことがとても残念です。
将来の夢は?将来の夢は?
一人一人のお客様にペットと快適に過ごしていただくことを、
将来的に人とペット・人と動物の共生への貢献につなげていくことができたら嬉しいです。
求職者の方へ一言求職者の方へ一言
ペット共生型賃貸の管理会社である当社で働く上で必要なことは『人と動物がどちらも好きであること』だと思います。
ペットを知ることの始まりは飼い主さんを知ることです。
ペットと暮らしてるのは飼い主さんである入居者様ですので、入居者様とのコミュニケーションを大切にし、
喜びや悩みの声に耳を傾けることが大切です。
どんな仕事にも必ずやりがいや喜びは見つけられると思います。
仕事は楽しんだ者勝ちです。
ぜひ私たちと一緒に楽しみましょう。

ページの先頭へ戻るページの先頭へ戻る